包茎手術はどんな方法?一生に一度の手術だから失敗したくない!


どうも、俺の名はせいいちだ。人生で裸のお付き合いは付き物なのだ。知人たちと温泉へ行くときなんかは、包茎だと正直恥ずかしくてきついのである。でも行きたいし外したくないのだ。

特に女の子との裸のお付き合いは人生から絶対外したくないのだ。

そこで今回は包茎手術はどんな方法なのかを紹介するのである。

手術跡が目立たない!?亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法は手術跡が目立たない方法で、ほぼすべてのクリニックが採用している一般的な方法である。

余った皮を切って亀頭の直下で縫合をすることでツートンカラーにならず、手術跡が目立たないのである。

  • 手術跡は勃起していないときは皮に隠れて見えないのである。
  • 勃起をしても亀頭の陰に隠れて目立たないのである。

手間がかかる手術なので費用は15~20万円だが、ほとんどの人がこの方法で手術をしているのだ。

費用は安い?環状切開法

余った皮を切って亀頭から2~3cm下の位置で縫合されるのである。縫合位置が目立つ部分となり、ツートンカラーの手術跡がハッキリと残るのである。この方法で手術をする人はほとんどいないのだ。

泌尿器科で手術を受ける場合はこの方法になるのである。手術費用は保険適用で1~2万円と安いのだが、手術跡のことを考えれば亀頭直下埋没法をおすすめするのである。

まさかの切らない手術もある

切らない場合は主に以下の3つの方法があるのだ。

  • 包皮を根本で固定する方法 
  • 長茎術 
  • 亀頭増大 

いずれも効果が薄いので、亀頭直下埋没法がおすすめになるのである。長茎や増大とあるが、男性器が大きくなるわけではないのだ。

術後の流れはこちら

http://maach-ecute.jp/?p=31

まとめ

  • 費用は15~20万円だが、手術跡が目立たないのである。
  • 費用は保険適用で1~2万円と安いが、手術跡がハッキリ残るのである。
  • 切らない方法もあるが、いずれも効果が薄いのだ。

包茎手術の方法は亀頭直下埋没法がおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA