包茎手術は修正できる!?失敗しても諦めないで!修正再手術とは?


どうも、俺の名はせいいちだ。包茎手術を受けたけど、やっぱり見た目などが気に入らないと感じた人は少なくないのだ。でも諦めるのはまだ早いのだ。

世の中には修正再手術という方法があるのだ。今回はその方法について紹介するのだ。

修正再手術とは?

修正再手術とは、文字通り患者の希望に応じて、包茎手術後の男性器を望む状態に再度修正する手術だ。当然だが、大半の人は最初に包茎手術をしたクリニックで修正手術を行わないのだ。

包茎手術の術式は複数存在し、手術の結果患者が望む状態も単一ではないので、修正手術の種類は複数あるのだ。

相場は5万円ぐらいだ。状況が悪く複雑な手術になる場合は倍の10万円かかるのだ。手術にかかる時間は30分から1時間だ。

包茎手術直後に修正手術は行えないので、気を付けるのだ。

ただし、クリニックによっては他院で行った手術の後に修正手術を行うことを拒否する場合があるのだ。難しい手術である。

人気クリニックを知りたい方はこちらなのだ。

http://maach-ecute.jp/?p=40

環状切開術からの修正手術

まだ包茎手術をしたことがない人も読んでほしいのだ。環状切開術で失敗しても修正が可能だ。

環状切開術のメリット

手術費用が安くて、包皮内板や包皮小帯(裏スジ)を残すので、術後の感度低下の心配が少ないのだ。

環状切開術のデメリット

包茎手術後、包皮内板(ピンク色の薄皮)と包皮外板(茶黒色の厚皮)の両方が縫合部を境に存在するため、「ツートンカラー術」という方法で色が変わるのだ。

亀頭直下埋没術からの修正手術も可能なのだ。亀頭直下埋没術は人によって感度が低下するので、修正する人もいるのだ。

環状切開術についてはこちらなのだ。

http://maach-ecute.jp/?p=16

まとめ

  • 修正再手術は相場が約5万円で1時間以内に終わるのだ。
  • それぞれの包茎手術の方法のデメリットも確認するのだ。

予算がない人や真性包茎の人は手術方法をよく確認したほうがよいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA